riquの日記

ベースとたまに旅行関連の話についてまとめております。

10月

最初の方で1度秋葉原にプラモデルを探しに行った程度で、10月は何もすることなく自宅ですべてが完結したまま気づけば11月になってましたってことになりそうなので、無理やりにでもなんか26歳の10月を書くか。


旅行関連のストックもとくにないのです。気になる楽器も今のところはなく、楽器屋も遠のいた。Swanは売却済になっていたのと横浜は大変遠いので行く気は中々起きないですが...。


ベースも一周回ったようでJabbaで良いなって気持ちになりました。これも全部調整のおかげです。ありがとうございました。リサベもどうすっかな。結局楽器買ってもこうなるんだよな。Jabbaどんだけ強いんだよ。


そういえば秋葉原行ったときにTwitterのフォロワーさんとお会いしましたが、お会いする方みんな何故かこの雑記読んでますって言ってくださるのですが、皆様におかれましては何卒カテゴリー欄にあります、『響け!ユーフォニアム/リズと青い鳥聖地巡礼2019』を読んでいただきたい。よく考えるとTwitter上でのriqu314というアカウント、謎の深いアカウントだな...。

なんだかんだあって飲み物を一杯奢っていただきました。前Twitterでそういう生業の人いましたよね。今度から1000円くらいは持ち歩くようにします...。


プラモデルはPSO2のジェネ買いました。おっぱいと尻がデカく、ふざけた格好をしたキャラクターの美少女プラモです。これのためだけではないのですが、エアブラシも買いました。父さん...俺、来月は塗装ブース買うよ。





マジで今月は何もない。許してくれ!
旅行行く予定も12月末に帰省するかどうかくらいしかない。1年に2回くらいは帰っておこうの精神です。夏帰らなかったんだっけ...全然記憶ねぇな...。もうそろそろ飛行機とか取ろうかな。

そういえばストレスか何か知りませんけど、尻から血出ました。多分切れただけだと思います。にしては10cmまで見たけど綺麗なもんだよって言われたので恐怖でしかないのですが、出すときに切れてる感じはあるので当分何も出したくねぇよな。

プラモ戦争 お台場横浜プチ観光篇

f:id:riqu:20210921120332j:plain
UC


9月最初の方で突然友人が有給取得したので遊びに行きますと言うので自分も倣って有給を取得し3連休を無理やり作った。3日東京で何をしたかというと正直二度とはしたくないということをやっていた。とくに土曜日。

当日Twitterのトレンドにも上がっていたようだが、「ガンダムベース東京」とか「Hi-νガンダム RG」といった文字。酔狂だと皆さま思われたに違いない。情勢も情勢なので尚更であろう。自分も実際参加する気も毛頭にも思っていなかったのだが、東京にわざわざ来た理由にガンダムを見ることとついでにRG Hi-νガンダムの入手と言うではないか。


一日目

f:id:riqu:20210921120235j:plain

木曜日の夕方頃着弾。
自分は仕事終わり後だったのでそのまま合流し最寄りで焼肉を食べることに。

ここの焼肉屋は以前年末に一人寂しく年を越す異常独身男性がたまには贅沢をと思い入った店である。牛角のようなチェーン店だと思ってくれて構わない。その時一人で食べたのだが正直微妙だった。この時食べた肉は美味しかった。やはり一人で食うよりも二人以上で食べるのが美味いんだと思う、焼肉とかは。いやたまたま肉の質が良かっただけかもしれないけど。

この時点ではHi-νガンダムを自分も買うかなどとは微塵にも思っていなかった。何故なら量産機の方が好きなので。



二日目

f:id:riqu:20210921120253j:plain
バンバンドリドリ

上映時間が朝早くか夜20時前に終わるくらいの時間かしかないというのが今の東京であり日本であると言えば言い過ぎだと思うが、なんとなくどこもそうなのではと思わないでもない。バンドリの映画だが、前日木曜日までは確かにちょうどよい時間、つまり昼前後に上映していたのだが自分たちが行こうと思っていた日から突然朝と夜に分かれやがったのだ。これについては誰かをを糾弾したいところであるが致し方なし。面白かった。

f:id:riqu:20210921120301j:plain

あと3億年ぶりくらいに秋葉原行った。目的はプラモと同人誌であるが、プラモにしろ同人誌にしろ別にここじゃなくても良いというのがあり、美味い飯屋はそれなりに通っているからこそ知っているものの、わざわざここまで来てまで食べたいのかというとそうでもないし、年々行く機会は減っていくばかりである。それこそ目当てのものだって買うだけなら通販でいいし近場なら新宿とかでもよさげだ。ただコトブキヤに行きたいとあれば秋葉原以外だと立川くらいしか思いつかないが、コトブキヤのプラモデルや製品が欲しいだけなら他の取り扱っている店舗でもいいし。

今行くと以前いた外人の団体はめっきりといなくなり、相変わらずコスプレをしたお姉さんたちが道行くオタクの進路を時に遮り客寄せをしている。およそ5年ほど前からこんな感じだったと思うが、そもそもの数もそうだが明らかにメイドのように見えるもの以外の格好をしたものも増えたし、中には少々過激な衣装に身を包んだのもいる。なんでも客を店まで連れ帰ってから店内勤務とかに上がっていくとかなんとか、以前別の友人に連れていかれたスナックのような雰囲気ある秋葉原のお店で聞いた。彼女らも大変だ。冬場と夏場なんか中々見てられないくらい苦しそうだ。

この日は楽という店で昼食をとった。いつものように油そばを注文する。量は確か中盛くらい。もうこの量は苦しかったらしい。そうしたらもう2年以上も行ってない気がするが、影武者のラーメンも量をとにかく少なくしないと食べられないのだろう。しかし相変わらず美味しかった。




三日目

f:id:riqu:20210921120306j:plain
朝のユニコーン

地獄だった。朝早くからTwitterを確認しながら一先ず秋葉原を目指すも、確か7時30分頃の時点で整理券配布終了という情報を目にした。8時30分頃には上野ヨドバシ配布終了、9時頃には恐らく錦糸町ヨドバシ配布終了。じゃあどうしようと思案していたらどうも300人近く並んでいるらしいお台場で整理券が配られたらしく、Hi-νガンダムの数も尋常じゃないというではないか。ならばと急ぎお台場へ急行。確か15時30分入場分の整理券を得ることが出来たと思う。整理券を受け取れたのが確か9時30分とか10時とか、とにかくそのくらいの時間帯だったので、とりあえず我々はお台場を後にして横浜のガンダムを見に行くことにした。

そういえば何年も東京に住んでおいて横浜は通貨したことはあるものの横浜で降りたことはなく、これが人生初の横浜でした。東京とそんな変わりはなく、雰囲気的には大阪から神戸入った時と似た感じです。流石に少し移動したくらいでは他県来たな~って感じは全く得られないですが、明らかに東京より綺麗でした。なるほど、この雰囲気が横浜か。

f:id:riqu:20210921120324j:plain
横浜のガンダム

入場料1,650円おまけつき。1/200のガンダムらしい。簡単に作れるわりにはやけにスジボリみたいなのが沢山入っていてよく出来ている。可動域は当たり前だがない。可愛いのでオススメだ。
ぶっちゃけ入場料1650円に対して内容と施設の中身が中身なので、1回で良い感じだった。

f:id:riqu:20210921120246j:plain
紅茶とハロパンケーキ
f:id:riqu:20210921120341j:plain
きみ、かわいいね

ふにゃっとした触感。まぁこの手の施設あるあるですよ料理のクオリティは。そこまでデカい期待をしてはならないということ。こういうのはその施設ならではというのと見た目や雰囲気を楽しめればそれでよいのだ。祭りで食べる焼きそばやチョコバナナなどと同様であろう。後で振り返ってみるとあれ値段のわりには別に美味しいわけではないよな...っていう。つまりお祭りですお祭り。来たからには食べないと損ってほどではないのだが可愛いので良いです。

f:id:riqu:20210921120349j:plain
動いてた

時間ごとに動く。場所が場所なので夜などに夜景とともに見ると綺麗だったり見ごたえあったりするのかもしれない。


www.youtube.com

っていうのを上記のライブ映像見て思ったりした。

施設の内容だが、この動くガンダムがどうやって動いているのかとか、そもそも何故動くガンダムを作ろうと思ったのかなど、そのプロジェクトの立ち上げから製作に至るまでの流れなどを知ることが出来るのでやっぱり面白いかもしれない。1度は行ってみることをお勧めしたい。2度目は知らない。



f:id:riqu:20210921120356j:plain
自販機ガンダム
f:id:riqu:20210921120407j:plain
連邦ピクト

細かいところまでちゃんとガンダムなのは良い。




f:id:riqu:20210921120415j:plain
デストロイモード

ひとしきり堪能した後に良い時間になったのでお台場へ戻るとちょうどユニコーンガンダムが開いてた。

f:id:riqu:20210921120422j:plain
カッコいいね

もう何回も見ているのだが、やはり何度見てもカッコいい。
よく考えると目の前に等身大のガンダムがいるっていうのは現実感なくて面白い。ちなみにガンダムUCの個人的な位置づけはその仕事の多さっぷりから何となくatlasで言うところのペルソナ4、つまり番長みたいなもんと考えてます。実は横浜の動くガンダムのショー内でも地味にUCの曲が一部使われていたりします。あとLuna seaとか。というかこのライブ映像でも横浜のガンダムの前でガンダムUCの楽曲演奏してたんですよね。いや~初代並みに働くな~。


f:id:riqu:20210921120430j:plain
エマ

すっかり忘れていたのだがお台場といえば虹ヶ咲の聖地である。
この時はエマちゃんしか見なかったが、他の子のパネルもあるのだろうか。



f:id:riqu:20210921120438j:plain
無事購入できた

無事買えました。結局買いました。
後で知ったんですけど、なんか在庫なくなったのが19時頃だったらしいです。随分自社の販売場所で確保したんだなぁとかなんとか色々思って見てました。今小売店行くとビルドなんとか系のアニメのプラモとお馴染みガンダムしか置いてない気がします。プレバン限定が増えたとか生産ラインがどうとか色々理由はあるんでしょう。あと単純にガンダムベースという自社内で作って売れる場所が各都市に出来た~とかなんとかね。あんまりそういうところ考えてたらダメね。

この後、このHi-νガンダム持って秋葉原寄って少し買い物したんですけど、周りからアイツ早速店に売り来たぜって若干思われたかもしれないことを考えると少し笑えますね。





以上です。
川崎まで行ったことがあり、横須賀や江の島は行ったことがあるのに横浜だけ行ったことがない自分でしたがやっと実績解除となりました。中華街はどうだろ、今後行く機会あるかな。ないかも。


そういえば最近Swan Customのベース気になってます。横浜で思い出しました話題ですねこれ。インスタグラムなどを確認すると木工技術の高さなど伺えますのと、もう日本入荷1号は売れたようでしたが値段がよく見かけるハイエンドベースの中では新品価格44万とそんなに高い印象はないんですよね、見た目Foderaに似てるわりには優しい感じです。国内におけるライバルはそういった欧州ハイエンドメーカーだと思いますが、この値段は南米ならではなんでしょうか、それとも輸入したショップさんの頑張りによるものなんでしょうか。南米からって何となくですけどヨーロッパの方が距離あろうとも航路大変そうなイメージあります。地球の裏側なわけだし。そう考えると南米って遠いな~。

ここも色々作ってます。ヘッドレスにファンドフレットになんか色々。流石にロリベと比べるとロリベの方が手の広げ方が凄いですけどね。


本当に以上です。今日は仕事21時くらいまでやってたので久しぶりに仕事したなって感じでした。疲れたので寝ます。明日も俺は銀河英雄伝説2週目を38話からまた再開させるんだ。

7月の長野白骨温泉旅行

f:id:riqu:20210921115710j:plain
渕東なぎさ


7月10日11日と唐突に白骨温泉なる地へ行くことにしましたっていうのは以前6月頃に書いたと思う。

場所は長野県の山奥。まずは新宿バスターミナルでバスに乗って長野県松本市を目指す。途中渋滞に見舞われて到着は予定よりも30分ほど遅れたが、早い時間から動いていたため問題なし。新宿のバスターミナルってなんであんなところにあるんですかね。4階とか5階ですよ搭乗口。それと都内を高速バス的なもので移動するというのは大変素晴らしいと改めて強く実感した。ゴールデンウィーク、山形から帰った後空港からどうしようか電車乗りたくないなと思っていた時に、「そういえば去年の夏、山梨静岡から帰る時御殿場からバス使ったな...」ということを思い出して利用したことがきっかけなんですけども、電車乗り降りだのなんだのって馬鹿らしいなって思いますねほんとほんと。

8時には新宿バスターミナルに到着していたと思う。
発進は確か8時50分頃。あまりにも早すぎる到着だった。

その間はひたすら待合ロビーで確か音楽聴いたり漫画読んだりしてたと思う。


双葉SA

f:id:riqu:20210921115644j:plain
よくあるやつ

ゆらゆら揺られること2時間ほど(Swarm調べ)、バスの中は快適であったが暇だったので、この時開催していたウマ娘のイベントであるウマネストのストーリーを1話から一気見したり、それでもSAまで長かったもんだからiPadにはめフラ2期の確か2話くらいを入れてたと思うが、それを見たりしてた。気づけば11時過ぎ頃、双葉SAに到着したというわけだ。

この日、写真にある謎のせんべいのようなものを口にするまで水分しかとっていなかった。東京から山梨にかけてが渋滞していたため30分遅れているということで、その分SAでの休憩時間も短いものだった。

この写真のものは確かイワシのせんべいみたいなものだったと思う。なんでもご当地B級グルメだか何だかでテレビに紹介されたみたいな、グランプリをとったみたいな旗があったのでご当地SAでよく見られるやつだと思う。味は何種類かあって、この時は一番普通そうな塩味を食べたんだと思う。時間ギリギリだっていうのに列の前にいた関西人家族がゆっくりなこと。慌てて頼んで慌てて食べたのであんまり覚えていない。



人生初長野県入り

f:id:riqu:20210921115652j:plain
長野の食べ物らしい

先に到着していた友人と合流。
なんか買っておいてくれていたので食べる。これは「おやき」というご当地名物というか郷土料理のようなものらしい。生地はなんだかモチっとした感じで、お饅頭とか肉まんみたいな見た目だが中身が自由だったりする。俺もよく分かってない。焼く、蒸かす、焼き蒸かすと色々あるそうだ。

高菜が好きなので高菜が入っている方をもらって食べると美味しかった。小さいわりには腹に溜まりやすいのもポイント高いと思う。



f:id:riqu:20210921115702j:plain
新島々駅へ向かう

萌えを見つけて驚いたのだが、彼女の名前は渕東なぎさというアルピコ交通松本電鉄上高地線のキャラクターらしい。キャラデザからイラストがなんと自社内の社員の方が作っているということですごい。アルピコ交通はこの他にも自社内で作成したキャラクターが多数いるそうだ。こういうのを知っていくと絵上手い人どこにでもいるな...と思ってしまうな。

PLUMからスケールフィギュアが出ているらしい。というか長野県いろんな会社があるんだな。



f:id:riqu:20210921115719j:plain
新島々駅

何もない。空気がうまい。
地元でいうと多分余目と新庄の間の最上川沿いくらい何もないと思う。

新島々駅アルピコ交通のバスに乗り、ここからさらに1時間ほどかけて行く。
途中、沢渡バスターミナルで白骨温泉行のバスに乗り換える必要がある。かなり過酷な道を通ることになるので、自家用車で行くとなると正直俺は行きたくはないかなっていう怖さだった。


見て分かる通りだが秘境の秘湯みたいな感じの場所に白骨温泉はある。
この日、朝7時頃から動き始め、到着したのはなんだかんだ15時16時頃だった。地元に電車で帰るよりも時間かかったと思う。


白骨温泉 泡の湯

f:id:riqu:20210921115837j:plain
白骨温泉 泡の湯
f:id:riqu:20210921115846j:plain
雰囲気よし

硫黄系の源泉である。つまりめっちゃにおいが凄いってこと。だから合う人合わない人がそもそもいるはずなので、ここまでの移動距離と温泉のタイプ的に万人に受けるかどうかっていうところだと思う。自分は正直言うと硫黄系はそもそも経験があんまりなかったので苦手だったかもしれない。服から火薬みたいなにおいがする身体になっちゃったな...。

この泡の湯自体は白骨温泉の中でももう少し奥というか上、高いところにある宿である。だからバス停的には白骨温泉の次が終点の泡の湯みたいな感じだったはず。間違えてたらごめんね。


ここ、地上からかなり高いところにあるので気温は確か20度以下である。地上がだいたい30度ならここは20度とのことだから、今の時期行くとおよそ10度くらいになるのかな?すげ~。何メートルか上に行くと何度か下がるということなんだと、登山趣味の友人が言ってた。



f:id:riqu:20210921115752j:plain
死ぬほどくつろいでた

かなりの移動距離だったので着いてすぐ温泉とはならず、30分くらいぼーっとしてた。
この日は確か2回くらい温泉に入ったと思う。ちなみに行ってから気づいたのだが混浴温泉があるという非常に珍しい温泉宿である。噂に聞くようなワニと呼ばれる何を生き甲斐にして存在しているのか不明な妖精たちの姿は流石にいなかったし、そういう宿ではなさそうだからいいのだが、雰囲気的には普通に男湯の露天で満足できると思う。当たり前だが入る時女性はバスタオル?なんかそういうのを着用です。




f:id:riqu:20210921115811j:plain
夕餉
f:id:riqu:20210921115820j:plain
f:id:riqu:20210921115827j:plain
川魚

とんでもない量であった。
腹は満腹だったが頑張っていただきました。どれも美味しかったよ。

この日一番感動したのは信州サーモンだったと思う。とんでもなく甘い身が舌の上であっという間に溶けるみたいなそんな感じ。こんな美味しいサーモン初めてだった。





二日目、松本へ降りて城を目指す

f:id:riqu:20210921115904j:plain

9時頃チェックアウトしているはず。ちなみに朝食だが撮影忘れをやってしまいましたので写真ないです♨
バス乗ってそこから1時間以上かけて新島々駅に着いたのは10時30分頃だった。そこから電車で松本へ向かうわけだが、なんだかんだここも30分くらいかかってると思うので本当にとんでもない秘境へ行ったんだなと今これ書いてて思った。


f:id:riqu:20210921115939j:plain
アトランシアも長野にあるそうです

実は長野県はギターメーカーの工房とかが沢山あるようで、かのアトランシアも確か記憶正しければ長野県にあると思う。
フジゲンとか有名じゃないですかねあとは。

松本駅からひたすら城目指して歩く歩く。


f:id:riqu:20210921115947j:plain
千歳橋と思われる

11時30分頃に千歳橋。景色いいですよね。街並みなんかも結構お洒落だったりします。


f:id:riqu:20210926141127j:plain
松本城
f:id:riqu:20210926141135j:plain
かっこいい

なんだかんだ松本城
プラモデルとかで作ったことがあったようななかったような。実はどういう城か詳しくは分かりません。

地理的にはどうなんですかね、堕としづらいんでしょうか。

f:id:riqu:20210921115956j:plain
松本城からの景色

良い景色。こうして山々や町を見下ろしていたのか。風も涼しいし、案外当時も夏は工夫次第では大変涼しく過ごしていたのではないかなどなど思う。本当に長野県も山に囲まれてるわけですが、山形と雰囲気は結構違うように感じます。何が、とは言いませんけど。なんか違うよね。




f:id:riqu:20210921120005j:plain
パンケーキ

昼はパンケーキ食べた。かわいいかよ。
NAKAMACHI CAFEという女性しかいなかった店に男二人で入店、何も起こらないはずもなく...。

1200円前後で食べれます。スフレみたいな触感とふるふる揺れ動くパンケーキ。パンケーキの概念が崩れる瞬間だった。自分が食べたのはコーヒー系のパンケーキだったと思う。友人はベリー系。

場所はここ。松本はカフェが有名なんだとかで、この店以外にもたくさんのカフェが想像より多くありました。






帰りは電車で帰ってました。
14時頃松本駅からあずさで帰ります。帰る頃少し雨降られました。


そんな感じの旅でした。
やっぱ旅はいいですね。近々自分も今度は一人でまたどこか遠くへ行きたいななんて思ってます。次はどこ行こうか。そういえば仙台の光のページェントは一度も見たことがないので気になってます。見に仙台行こうか、うーむ。だから感覚的には東京→仙台→酒田みたいな。いやルートと移動が馬鹿らしいか...?





そういえば今4連休だったんですよ。でも何もせずあっという間に終わってしまいました。日に日に時間経つのが早いなと感じるようになってきているようでちょっと焦っちゃいますね。

DINGWALL Super J

今日久しぶりに歯医者行ってきました。
定期健診ですね。4月、5月以来でしょうか。その間にぼくは歯の治療のあまりの痛みに耐え兼ねて歯はしっかり大切にしようと改めて実感させられたので、電動歯ブラシを家電屋や父と相談して購入したりしてました。これでもかってほどやると逆効果だそうで、ほどほどにしっかりと磨いておりますが、その甲斐あって4か月5か月ほど経った今日とくに問題なしということでした。ただ、上前歯が少しなりかけているかもということなので、こちらは治療かなということでした。上の歯の治療ってあんまり経験ないんですけど、上歯茎に注射針打たれるのは下歯茎と比べても全然痛みの度合い違いますから正直嫌ですね。多分前歯も前歯なので、ちょうど顔に十字線引いたときに縦線が来る中心のところじゃないですかね。そんなところに注射針ですよ。今から憂鬱です。

医院の都合もあり、開きがあるのですが10月末ですね。またその頃にでも御茶ノ水行ってきます。



今日若干早く着いたこともあったので少し気になっていたDINGWALL Super Jを見てきました。




DINGWALL Super J 5st XXX

普通のSuper Jはモダンなジャズベースといった佇まいですが本機はモダンであれどジャズベースかっていうとシェイプくらいなもんで、ピックアップがZ3や最近出てるイケベのLSS5みたいな3つ搭載されているモデルです。あとコントロールがマスターボリューム、セレクターロータリーノブ、マスタートーンの3つのみというシンプル極まりない構成でパッシブ仕様。Dingwallはパッシブ仕様でオーダーかけると、Dingwall側で後々アクティブ回路ぶちこみたくなった時のためにとアクティブ回路を入れるスペースなどを作ってくれるみたい。よく考えられてる~。

このベース、コントロールが3つとスタンダードなジャズベースと数だけで言ったら一緒だけど、マスターボリュームとマスタートーンだけであとピックアップセレクターのみってどうにかなるのか?って気になるポイントかもしれない。安心してほしい。このベースというかDingwallのベース全体に言えることなのか毎日触ってるわけじゃないし以前LSS触ったのも結構前だから忘れてるんだけど、とにかく本機はマスタートーンの効き反応がとても良い。ちょこっと弄るだけでめっちゃ変わる。1から10段階までそれぞれ2なら2の、6なら6のトーンの段階、レベル感のようなものがあるような感覚。だから全然問題ない。

プレベトーンにジャズベトーン、店員曰くスティングレイのようなバチコーンとしたトーン(筆者MUSIC MAN触ったことないから分からない)、ジャコっぽいトーンと大まかに4つだと思う。店員もそう言ってたしそうなんだ。

5弦で35インチ、1弦で32インチというスケールということで、Zシリーズなんかとは違う。Zシリーズは37の確か32くらいじゃないっけ。だからLow-Bの1フレットとかが死ぬほど遠く感じるという方も少なくないと思う。このベースはまだファンドフレットの中では緩い方なので、ファンドフレット初心者にはもってこいだろう。本機と普通のベース持ち変えるっていう人もいれば違和感なく持ち変えはスムーズに出来ると思う。慣れです慣れ。


フレットはマンドリンだかバンジョーだか色々あるDingwallのベースの中では確かまだフレットを感じられる太さだったような気がするけど、Dingwallのベースはだいたい細いのでモデルによっての差みたいなのは気にするところではないかもしれない。ネックの具合については、LSS5などと比べるとSuper Jの方が太く厚みがある感じ。それでいてハイエンド特有の面が平気味になっているタイプのネック。だから運指とかはしやすいです。フレット端もグサグサと指に刺さらず、ネック周りもいい感じに丸いので、ここら辺は相変わらずのDingwallの気遣い、優しさが垣間見えるところ。


モダンすぎずビンテージライクすぎず、でも個人的にはめっちゃくちゃモダンなベースにまとまっているなって思う。つまり現代的ってこと。いろんな音楽があるので、そのどれにでも対応出来るのが強みか。ここらへんは同じジャズベースで似たような感想を抱いた気がするコッポロなどもそうだけど、こっちはよりモダン。コッポロと使い分けは出来るかっていうと出来ると思いますよ。勿論Jabba Customもそう。だから欲しくなってきてる。


この個体は4.04キロ。バグってるのか?
持った時めっちゃ軽くて驚いた。Jabbaより1.3キロくらい軽い。おかしい。



ロータリーノブめっちゃ好き。スイッチよりも好きかもしれない。Good design。




www.youtube.com

Dingwall公式見てもだいたいNG2とかZシリーズばかりでSuper JとかSuper Pとかの動画は稀有です。
上記みたいにゴリゴリの公式動画があったから貼ってみる。こういうジャンルも勿論出来ますよってこと。あと歪ませてない動画も勿論あったから気になった人は調べてみると良いだろう。






以上です。
個人的にはLSSかコレかってくらい気に入ったベースになりますけど、コッポロ同様Dingwallにしては地味かつ普通の見た目なので、この個体もまた家に帰った時の安心感同様の感覚と言えばいいのか、前俺なんて言ったっけ。

6弦ならZ、5弦ならLSSかSuper Jか。
コッポロ触らせてもらった頃、今の私が所有するには若すぎる...ッ!!などと言った気がするけど、1年ほど経ってむしろ今だなって思ってます。



欲しいなDingwall。
クロサワ的にはSuper JとかPとかプッシュしそうじゃないですか?

無題

取る必要は全くなかったが何となく何もしないをしたかったので金曜日から休み作って4連休にしていた。
4連休何をしていたかっていうと、雨だったのもあって本当に何もしなかった。ねねしという面白い実況者の過去の動画を延々見たり、溜めていたFGOの平安をクリアしてしまおうと思いクリアしたり、まぁそんなことをしていた。正直、もう少し良い使い方あったでしょとかなんとか思って若干、本当に僅か若干の後悔のような気持ちはあるけれど別に良いのだ。ちゃんと何もしないが出来た。そのせいで明日からまた4日、次の週は5日かと考えただけで何もしていなかったのに疲れた。考えただけで疲れた。やっぱり休みが多すぎるのも何かと問題なのかもしれない。祈るばかりであるのは、仕事が振られないこととか、とくに仕事がないことである。



ところでMayones Jabba Customだが、やっと慣れてきたというか馴染んできた感じはあるので結局やはり自分自身の問題だったようだ。今現在調子はすこぶる良い。この調子を崩さないようにしないといけない。そういえばMayonesはノブやらシャツやら何かそういう楽器に関するものから楽器とあんまり関連性のないアイテムやグッズを出している。シャツのデザイン普通に良いので買おうかななどと思うのだが、なんで色が絶妙な色しか展開していないんだ。

実はスマホスタンドも出していて少し笑える。