riquの日記

ベースとカメラとお絵描き、雑多

試奏小話(Lakland, ESP, Fender CS)

バンナムフェス、ドームですよドーム!


お前...東京に住んでいながら何してるんだ...?


チケットは姉の結婚式の影響もあって買うことを断念しておりました。
友人は今日明日と楽しんでくるそうですが、アイマスラブライブアイカツが揃うらしいじゃないですか日曜日。なーんかもう本当に生きるとは何か、何楽しくて生きてるんだとか色々考えさせられますが。



今日は御茶ノ水秋葉原に行きました。
メンバーが転職に成功したということで飯でも食おうと誘ったわけですが、自分からこういうことしない限り秋葉原で同人誌を買うために外に出ようとは出来ないようで、出不精ここに極まれりって感じ。だって疲れてるんだもん。今日だってことあるごとに疲れたって言ってた気がする。

目当てはバンドリの本。多分リサゆき。早く読みたいのでさっさとこれ書き終えたいと思います。


Laklnad SL5

思い出深いベースメーカーLakland。実に5年ぶりくらいに弾いた。

高校の頃、頑張って貯めて買ったのがLaklandのSkylineの4弦で、それがもうとても弾きやすく音も良いので順当にSL、USAと買っていくんだろうなって思ってたくらい好きでした。金とか余裕あればまぁ買ってもいいかなくらい。でもJabbaと差別したいから多分買わない。ヨヨヨ。

やっぱり良いですLakland。USAは今回弾き比べはしてないから過去に弾いた記憶を頼りに書くけど、多分USAと比べたらこっちのが元気です。それ以外だと値段が倍するのとトップ材のグレードが上がるくらいの違いしかないと思う。何か強い拘りや理由がなければSLでいいと思います。軽いしフレット処理も丁寧だから弾いてて手が痛くなることはないです。運指もしやすいし音の幅も広い。何よりアクティブとパッシブの切り替えが出来るのがポイント高いですね。


確か電池ボックスに欠陥はないと思います。Fishman?みたいな名前のメーカーの電池ボックス使ってるような気がする。というかチラッと見えた気がするだけなので確証は得ないけど。少なくともSkyline使ってて電池ボックスに殺意芽生えた覚えはありません。


汎用性の高い普通の良い音が出せます。





ESP AP5

確かIKUOさんという方が使っているベースの原型と、そう聞いた。
ダンカンだったかのハムが2つ付いていて、コントロールは上記のLaklandとそんなに変わりはないと思う。アクティブパッシブの切り替えが出来たLaklandに対してこちらはアクティブのみの仕様。

パワーはま~凄い。低音がバコーンと出る。
2ハムってこんなにスラップが気持ちいものなのね、初めて知った。

ボディが死ぬほど重い。多分5キロ後半から6キロいってるんじゃないかこのベース。
個体差というかAPというシリーズのコンセプト的にそういう死ぬほど重い木材を使っているそうで、だいたいこの重量だとか。


パット見G&LのL-2000とかに見えなくもないんだけど、まぁ弾きやすいしカッコいいから良いと思います。
IKUOさん好きだけどシグネチャーモデルってあんまり...っていう人は原型になったとされるこちらを選ぶと良いかも。

ロック方面では汎用性あると思います。





Fender CS Jazzbass 60

実はFender触るのこれが初めて。
LaklandのSkylineを買う頃、確か一瞬商談中になってしまって。やけになってFenderのオレンジ色のプレべ買おうかなどと考えたこともあったけど、結局商談は破談になったみたいで自分の手元にSkylineが来たわけですが。

何故か試奏前にこれを試奏して何を得たいのかなど難しい質問をされた。初めてのことだったけどそんな大した理由もないし得たいものも別に考えてもないので、真面目に答えるほどのことでもないだろうと適当にFenderがどんなもんか知りたいからや文句あるかと返した。楽器選びについて真摯に対応してくれるんだろうなという感じはバチバチ伝わったんですけど、それは自分なんかよりも別の人のためにそのエネルギーは取っておいてくれと思いながらいざ試奏。

60年代初期頃のジャズベースを再現されているらしく、ノブが2つしかない。
コントロール1つ減らすだけでこんなにも幅って狭くなるんだなぁ、驚き。

普通の弾き心地と普通の音。何か弾き方をこう工夫しないとこういう音は指先で出せないぞっていう面倒なことはあるのかもだけど、そんなことは知らん。どこまでもフラットな音がします。だからこそ幅は狭く、可能性は気持ち程度っていう印象。

個人的には可もなく不可もなし、普通。
良い意味での普通という言葉をまぁまぁ出すんですけど、そこまででもないし悪い意味での普通ってまで悪くはない。どっちか選べと言われたら後者と答えるかな。


ビンテージの弾き心地や音っていうのはだいたいこんな感じなんでしょうか。何か思い出や特別な感情があるならこれらはとてつもない価値があると思います。だからこそのあの自動車クラスの価格なんだろうけど。でも思い出も感情も何もない自分みたいな人間にはこういった楽器は音や弾き心地などすべてがハマらない限り資産的価値以外の価値はないという印象。これ言ったらあれだけど、多分現行のアメデラとか、下手したらFender Japanとかの方が好きと答える人間です自分は。

そんな思い出も感情もないのに、思い出や感情を持つ他人の言葉を真に受けて盲目的に自分もビンテージを持ちたいって思うのはやめようね。
カスタムショップならまぁ安ければ20万30万、高いやつは見上げればきりはないんだけど値段の幅は広いから気になれば触れてみたらいいと思います。ちなみにギターは電気ギターっていう感じの音です。それで言えばベースもまぁまぁ電気ベースって言ってもいいかもしれない。

わざわざ機能性皆無のベースを自分から選ぶ必要もないでしょうし、多分あと触れることはないジャンルです。






以上。
来週は関西です。我らが将軍に案内していただきます。
色々関西にある楽器見てこれたらと思います。じゃあね。