riquの日記

ベースとカメラとお絵描き、雑多

Benaventeの6弦

Benavente STD 6st

コントロールの効きがちょっとよく分からないです。
試奏させていただいた時33インチという情報を頂いていなかったのですが、33インチって感じは全くせず。情報なしで触れるとインチ数感じない謎。流石に36インチだと分かると思うけど、33と34とだったら多分分からないんじゃないかな。

そんなことはさておきBenavente。なんか以前触れたことあった気がするけど全然覚えていない。

ボディシェイプはワンカッタウェイなんだけど他メーカーのワンカッタウェイベースと比べると変わった見た目しています。ネックはLowからHighまでずっと平。これ最近気づいたというかAdamovicとLoritaが気づかせてくれたことなんだけど、とにかく平だとそれはそれで問題であるということを知った。カマボコの方がLow弾きやすいんですよね。だけど平な方がHigh弾きやすい。でもやっぱりどちらかと言えば平な方が好きです。でもAdamovicやLorita、あとLefayみたいなカマボコから平ネックが最強です。

ピックアップなど中身はBenaventeオリジナル。コントロールの効きが変だと冒頭で打ち込みましたが、別に悪いわけではないんですよね。なんかとんでもなく独特というか、まぁ変な感じですね。ボリュームとベースとトレブルは分かるんですが、他2つはちょっと分からないです。EQとかかなぁって思うんだけど、ちょうど対応してくれた方がベース担当ではなかったので仕方ない。しかしわざわざ調べて頂いたりと詳しく教えていただきました、感謝を禁じえません。

フィンガーランプ取り付けられてるしノブは木製。でもトップ材はなんかこう、シンプル。どこかちぐはぐな雰囲気もありますけど、しかし佇まいはハイエンドのそれです。もっと安いSTDモデルが探すとありますが、そちらはどうだろう。前秋葉原にあったやつだよね。綺麗なピンク色のやつ。16万で6弦だっけか、気になるよね。安価にアメリカ製6弦手に入るならそっちもオススメしたい。

しかしこれパッシブとアクティブの切り替え出来ないようです。スイッチで切り替え出来たらいいなって思うんだけど、仕方ない。


STDはアメリカ本国で木材の選定を行ったものを日本へ運び、日本でくみ上げるシリーズだそうです。でも40万なんですよね。本国で作るやつは何円するんだ。丁度これが置いてあるお店に本国製と思われるBenaventeがあります。中古なんだこれ。同じ値段。じゃあ60万くらいなのかな。

Benaventeと言えば記憶が正しければCustom Shopというかconcept model用ブランドのようなものがありましたね。Benavente内におけるハイエンドブランドみたいな感じかもですが、そっちは全く情報がないですね。多分完全受注とかなのかな。


音はものごっつ汎用性に富んでるというわけではなく、ジャズやらクラシック目なやつが似合うかなーって。ロックとかは合わないかも。コード綺麗に鳴りました。あとやっぱ平だからLow側以外は運指スラスラですよ。





そんな感じ。今日はとくに文章のまとまりないけど許して。

転職活動は滞っております。毎度届くメールと言えば「企業が求めるものとは若干異なったため」というテンプレ文のみ。しかし若干とはなんなのか。若干なんて付け加えるな。


全然関係ない話だけど、みんな765プロのアイドルたちの曲って聴いたことありますでしょうか。厳密にはアイドルの歌ではないんですけど、事務員さんの音無小鳥さんの曲はお勧めです。なんかしんみりした雰囲気の時に聴くと咽び泣くくらいは死にます。