riquの日記

ベースとカメラとお絵描き、雑多

kickstarterとjcb

尊敬してやまないLM7先生がkickstarterにてオリジナルのフィギュアを作るようでした。出資しないわけにはいかず、配送料込み24200円の出資をするためにわざわざ楽天カードを発行したわけです。幸なく不幸でしかないですが、私はここでJCBカードでの発行を選択してしまったわけで、これがいけなかった。

後で知ったが、このkickstarterアメリカ発のプロジェクトにのみJCBの使用が可能であるという仕様だった。今回は日本発なのでアメリカ発でしか使えないJCBカードでは支払いは不可能、猶予7日間あるから別のカードで支払ってくださいとメールが届いてしまった。アメリカ東部時間で6月30日21時から7日間でこれを完了させねばならない。困った。早速kickstarterに問い合わせてみるとバニラvisaを提案された。

今回支払う額は24200円、調べてみるとバニラVisaは3000円と10000円のみ(20000円もあったような気がした)で合算不可能。多分これだとちょっとダメなんだと思う。バニラについて調べてるうちにVペリカなるものの存在を知った。こっちもコンビニで購入可能で、さらに合算可能。なるほど、これなら無事出資が完了する。ただここらへんのギフトカード、使える使えないあるようなので念のため再度確認のメールを送ってみる。返信は速いようで遅いようで、今日3日だからまぁ明日頃にでも返信いただけるだろう。分かったら俺は明後日にでも雨の中買いに出かけようと思う。


さて、私は8月半ば頃に東京に入ろうかと考えている。とその前に準備をしつつ一度下見というか準備のため東京に出る必要があるか。最低限の支援頂けるように頭を下げる必要は出てきているが、お米とかお米とか。お米がないことには死んでしまいます。他の県の人はどうか知らないけど、山形県産のお米で育った私からすると他県の米が美味しかろうがなんだろうがやはりちょっと抵抗がある。味とか香りとか柔らかさとか、そういうのは分からないけれどコシヒカリを食べるのはなんかちょっと違うっていう気持ち、わからないだろうか。コシヒカリで育った人がつや姫食べれるのかみたいな話なのか。例えは思い付かない。


Reebokくん

6月初めに仙台に行ってきた俺は左足アキレス腱に矢を受けてしまった。この間母の葬式で硬い革靴を履いて動き回ったもんだから矢を受けてしまった部分をまた痛めてしまった。これそもそも普段履いてる靴と歩かない田舎文化が悪いんじゃないかと思った私はZOZOなどでランニングシューズを探すことにした。

NikeAir maxなども検討したけど友人から空気抜けた後が地獄だと言われたので候補から除外。ReebokZOKUランナーというカッコいい名前のそれを購入することにした。すぐ届いたから早速履いてみるとめっちゃ楽。今まで履いてた靴はなんだったのか。はえぇ、靴変えるだけでこんな変わるんか。見た目も可愛いので良いですね。おすすめしてくれた友人らには感謝しなきゃ。気に入ったから別の色のやつとかフューリーポンプくんとか欲しいですね。ところでフューリーポンプ、なかよし川に似合いそう...似合いそうじゃない?


スラップ

上達してます。上達スピードはおっそいけど。でも0のままなら1でも上がった方がええよな。ベースの師が出来ました。山形スラップ研究会は次回9月ということで参加不可能な気がしますが、師はよく東京にいらっしゃるとのことなので末永くよろしくお願いしたいところであります。Sugiいいねあれは。ダメだ、選択肢増やすようなことをしてはダメなんだ。


次はステンレス弦でも張ろうかなと思います。Kensmithだけど。師がケンスミのステンレスいいよって言うもんだから乗せられちゃう。でも交換するなら大久保のあの楽器屋に持ち込んで、調整ついでに弦交換がベストか。3か月に一度くらいは張り替え込みで見てもらいたいよな。張り替えですがもう5年近くは自分でやってません。






そんな感じ。
何故用意してた金消したって、メガヘルツでLM7先生のシェルジャケット買ったからです。すいません許してください。
一応出資に無事成功したらまた報告します。絵の上達はどうですか?してると思いたいです。でもバラつきありますね、その日その日でバラつきが多い。これをつぶしてやらないといけない。でも確実に1カ月前よりも上手くなってると自覚はあるからこの調子で頑張っていこうと思います。

そういえば暑いですね。のんのんびより1期無料配信に続き今度は2期の無料配信が始まりました。のんのんびよりりぴーとを久しぶりに見ています。今いる田舎の夏を満喫するのも今年で最後かもしれませんね。最後にしていかねばならないわけですが、なんとも寂しいことです。住むより旅で行くのが良いのかもしれません、田舎って。でも遠い将来是非とも関東地方の田舎に行きたいよなぁとか夢見ちゃうもんです。