読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

riquの日記

ベースとカメラとお絵描き、雑多

新年1発目にすごいベースと出会ってしまいました

試奏

Dingwall欲しいっていう周期が定期的にくるんです。だいたいこういうのが来る時って試奏した時かたまたまYoutubeか何かでDingwallのベースの音源聞いた時くらいなんです。今回は前者。店に入ったらすぐ目の前にDingwallのベースが置いてあったから驚いた。値段40万なので、中古か!?と思ったら新品。アフターバーナー1ってこのくらいの値段なんだな〜。いやでも高いもんは高いが。値段40万台で驚いたのはprimaとかZシリーズのお値段のせいだと思う。



弾いてみた感じだけど、セミホロウもあってなのか鳴りはアコースティック。ふくよかな色気のある音が奏でられます。
コントロールは3つ。ボリュームとよくわからないやつ2つ。うち1つは3種類から選べるってやつ。ここをスッと弄ってやるだけで音がガラリと変わるので手元で簡単に楽しいことができます。スラップも良い音。そんなに弾けないけど、ペチペチしたらいい音出た。

ネックの造りは相変わらずの良さで、細かいところまで丁寧な加工がなされています。プレイヤーにとっても優しいメーカーです。ファンドフレットは慣れないとどうしても違和感が感じたりするんじゃないかとかそういうイメージ持たれることも多々あるとは思うんだけど、不思議と馴染むのだ。自然に弾けちゃう。コードも弾きづらいんじゃないかって危惧してたけど全然そんなこともない。若干の弾き辛さを感じたならばあとは慣れとかでカバーできる程度だと思う。

重量は3.95〜3.97キロ。4キロ切っちゃってます。軽いので身体への負担はほぼ皆無と言ってもいいでしょう。ボディのバランスもとてもよく、立って弾くときっと身体にピトッと寄り添ってくれると思うよ。可愛いやつめ。
ただ座って弾いた時、ボディがスリムだからなのか小さいからなのか分からないけども、若干手の位置に慣れなかった感じはしたかな。でもそれも慣れとか環境とかで大きく変わるんだろうし、全然無視しても構わない些細な問題であると思うよ。


きっとジャズを弾いたら楽しいんだろうな〜。フレーズはぽんぽん出るし、弾いていて楽しいベースです。あまりの弾きやすさについついオーバーな弾き方しちゃうのでは〜ってくらいには弾いてて楽しいですよ本当に。奏者を楽しませてくれる子でした。見た目も綺麗だし、ヘッドも小さい。可愛いやつめ。


個人的には今まで弾いた(と言ってもそんなにたくさんの個体弾いたわけではないんだけども)中では一番好みのモデルだったかな。いやぁ〜これは欲しいな〜。機会あれば是非ともPrima artistも弾いてみたい。ピックアップや木材、何から何まで特別なフラッグシップ。いやぁどんな音出るのか、近い内に試奏する機会でも出来てくれればと思うばかり。





あっそうだ。心が変わらないうちにノブのオーダーしちゃおうってことでこの日記打ち込む前にメールで問い合わせてみました。1月頃にオーダー考えてます〜なんて言った手前、結局何もせずダラダラ引き延ばすのもなんだかね〜。ノブも木製にするならプレートも木製のものにしたい!ということで、木製プレートのお値段の方も聞いておきたいところ。今月はこれのために余裕を作るんだ。頑張れ頑張れ♡

大洗は全然準備も何もしてない状態じゃあ無理と判断したためまた別の機会に。あんこう鍋なるものを食べてみたいから今年の年末頃に行けたらな〜なんて考えてみたり。今年はアイマスイベントには多分参戦出来ないだろうしね!エフェクターはまぁ今度でいいでしょう。IV号戦車は...みぽりんのFigma買ったり、その他身の回りのことが落ち着いたらにしようそうしよう。俺、IV号戦車買ったら1日中遊ぶんだ...。