読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

riquの日記

ベースとカメラとお絵描き、雑多

試奏話

試奏

この間Darkglass B3Kという今流行りの歪みを購入しました。36000円ということでまぁ手が震えた。実際にスタジオに持って行って弄ってみましたがいやコレ凄い。コレ1つで色んな歪み作れる。いや面白い。とりあえず一生は使えるなぁ〜。

ただどうしても冷たい感じの音になってしまうのですがそこらへんはセッティングの仕方か、もしくはまた別の歪みの導入か、そこらへんも視野に入れながらが必須でしょうかね。自分は今のところB3Kでもう十分どころか十二分、ですね。むしろB7Kも欲しいなんて思ってしまったり。


Gig Bag

Mayonesの純正Gig bagを購入したんですけど、なんていうか期待しすぎていたようです。
画像で見ていたよりもしっかり感がないというかなんというか...それでも普通のギグバッグと比べればまだ全然品質よいギグバッグなのかもしれません。そう思いたいだけなのかもしれませんが...。

とくにこれといって深い理由などはないのですがカバンが大好きなのです。ギグバッグも例外ではなくハイカラで機能性バッチシなギグバッグが欲しいなぁと思っておりまして。Basinerというメーカーのギグバッグなんて本当にハイカラで機能性バッチシと自分が求めているものの基準をクリアしているものがありまして。値段は規格外の3万ですが...一生ものの購入という割り切りが必要なんでしょうかね。クリスマス近くにでも自分へのご褒美に購入しようかな〜なんて考えております。冬は冬でコート購入しなければいけないので大変な出費になりそうですが...完全に趣味の世界ですね。



Mayones Jabba Classic 4st Sleekelite試奏

池袋のあのお店で試奏。
ビンテージを意識されたものらしいのです。音も通常のClassicや自分が所持しているCustomと比べても全然違う音でした。ピックアップはたしかNordstrandなんだそうだ。全然キャラが違うのでこれは良かったです。
ネックのシェイプは通常の、所謂フェンダー系などのジャズベースに近い細いシェイプでした。通常のものと比べるとコントロール部分が全然違います。あとノブがゴツい。

とりあえず音とネックシェイプ全然違うよってことだけ。


Roscoe LG3006試奏

昔から気になっていたRoscoeさんの6弦。思っていたよりもボディが小さくて驚き。写真ではあまり分かりませんでしたが実際に見てみると不思議な形してます。表面もところどころ凸凹というか、真っ平らではありませんでした。

ネックは広く薄い自分好みのシェイプでした。左手はスっと添えるだけ。
とくに驚いたのが弦高の低さ。一応色んな人が違和感なく使える平均的な低さにしているらしいのだけどどう見ても他のベースより全然低いです。しかもまだギリギリまで低く出来るとのことで。いやぁ素晴らしい。それもあってか運指が楽でした。スムーズ。予想以上にこれは良かったですね。甘い音で素晴らしい。抜ける抜ける。

ただやはりね、多分いろんな人はこのボディの小ささに凄い違和感を感じるのではないかと思う。ただまぁこれも慣れかな。座って弾く時ちょっと大変でした。多分立って弾いてみると異様にしっくり来すぎて逆に恐怖するんじゃないかな。
慣れると他のベースが逆に違和感感じたりするのかなぁ。

個人的にはこのボディの小ささ、最高でした。
ただボディを小さくすると鳴りとかに影響大きく及ぼすのかなぁ...。





そう、このボディの小ささにネックスケールをギリギリまで短くしてヘッドレスにすれば超高性能トラベルベースの完成なのではとかなんとか考えてしまったけどこれについて深く考えてしまうとアレなのでやめておこう。32スケールヘッドレス5弦Hi-Cなんて流行ると思うよてか作ってください。

どこかで見た.strandberg*は飛行機の上の棚にも置ける最高のトラベルギターという言葉がずっと引っかかってですね...ベースはやはりデカいのでそこらへんはまぁ仕方ないんです。ただやはり作ろうと思えば作れるのはないだろうかとかなんとか考えてしまうんですね...実際今マーロウから小さいベースが売られています。たしかつい最近日本でも販売されるようになってましたね30万だとかアホみたいな値段でしたが。ただアレネックも凄い短いでしょ。そういうことなんですよ。
ロスコーくらいの小さいボディに30〜32スケールくらいのネック、そしてヘッドレス、ギリギリ飛行機の上の棚に入るのではないだろうか入らないか入らないねもう喋らないぼく。


いやでもこのスペックのベースとかはついつい考えちゃうなぁ。