riquの日記

ベースとカメラとお絵描き、雑多

帰る前に弾いたいくつかの楽器のお話

昨日帰ってきました。いぇーい山形いぇーい、にゃんぱすいぇーい。


たまたま見たケンミンショーで山形弁の話をしておりましたが、『あそこば むずって あがすけな おぼこ しぇめてけろ』について学ぶということでした。山形県民ですが「あそこば」しかわかりませんでした。なんせこれ内陸にいくつかある方言の1つですし、海側と言葉違いますし。この言葉訳しますと、『あそこを 曲がって 生意気な こども 捕まえて下さい』となるようです。難解な言葉を詰め込んだ文章のようです。方言って難しいね。

海側は秋田県由利本荘の方言に近いようです。あと多分だけど若者は言うほど訛ってない印象。ちょっと内陸に近づくと方言凄いようですが。なお、お婆ちゃんとお話する時は母の通訳が必須です。子供の頃は分かってたのに、不思議だねー。おもしろーい!


MUSIC MAN Bongo 6string JH配列のやつ

DreamTheaterのJohn Myungが使っているやつです。あとpolyphiaのイケメンが使ってたね。どのイケメンだよ、ベースのイケメンだよこの野郎。John Myungが使っているモデルは確か5弦に使われているネック指板に弦を6本張ってあるようです。かなり弦間ピッチが狭いと思われます。

で、今回試奏させていただいたこれは勿論通常モデル。6弦用のネック指板、これはとくに飛行甲板のようなネック指板ですね。弦間ピッチもかなり広く作られていました。慣れるまで時間かかるでしょう。


アクティブで電池2つくらい食べるベース。金食い虫です。
なんか34インチスケールらしいんですけど随分長く感じました。Low-Bの重低音が凄まじく、内臓や骨に響きます。ボディの振動も凄まじいので密着してる部分なんかもうグシャグシャですよえぇ。

ぱっと見死ぬほど重そうな見た目していましたが意外や意外、6弦にしちゃあ随分と軽かったです。うちのJabbaよりも1キロは軽いんじゃないか。


音はアクティブって感じの音。丸っこい音からバキバキの音まで幅広く。高音より低音のが音良い印象。まぁそんな感じです。言うほどのコレ!っていう感動とか衝撃はなかったかな。





F-Bass BN5

サラサラとした肌さわりのやつ、そのサラサラ具合まるで赤ちゃんのお尻の様。触ったことないけど。これ弾くまではACシリーズしか触れたことがなくて、なかなか手が伸びなかったんですけどようやく。これがF-Bassかぁ〜、予想通り普通の音でした。それが良いんです。Fodera弾いた時とほとんど同じ感想でした。だからお茶さん選んだのかなぁ〜、Fender likeな感じかな?

カナダ製のベースはだいたいフレット処理が丁寧です。DingwallやF-bass、この間試奏したEriziasもそうでした。カナダ製はネックの法が大変丁寧なんですね〜好き、大好き、愛してる。


いい塩梅の重さです。重すぎず、軽すぎず、本当にちょうどいい重さ。ネック指板、これまたちょうど良い幅広さなので弾きやすいです。





そんな感じでした。
結局B3nは試奏しませんでした。あんだけ多機能なもの長く四苦八苦しながら試奏するのもなんだかなぁと思ってたら手が伸びなくて。あとその時荷物持ってたので面倒だったというのもあります。あれ、持ってたかな。まぁいいや。


今年は心機一転、資格取得とお金貯め、画力上げの3つに重点置けたらいいね...。お絵描き用の新機材購入の際はこちらにも紹介します。そしたら絵の進捗状況とかこことPixivなんかに掲載していこうかしら。えらい人は言いました、過去描いた絵は未来励ましになると。そういう意味合いもありますが、何よりうまい人との繋がりによってアドバイスを貰ったりできるということも可能性としてはあるかもしれません。


アイカツスターズ』『けものフレンズ』『小林さんちのメイドラゴン』『のんのんびより』『NEWGAME』ここらへんリピートしてれば生きられそう。生きます。

八日に帰るよという話

初めて記事書いたのが2014年の12月の半ば頃、Mayones Jabba Customが初めて来た日です。なんてことはありません、当時今ほどベーシストと繋がりがなかったので感動をどこにどうぶつけたら良いかを考えた末がブログだった、ということです。もしかしたらこのJabbaに対し私が感じたことを叩きつけた記事が、これから買う楽器の候補の中にMayonesのJabbaシリーズが入っている人の背中を押すきっかけになる可能性も微粒子レベルで存在している、もしくはしたかもしれないですし、なったらいいなっていう感じ。


何気にJabbaとの付き合いが一番長くなりました。
そういえばJabbaユーザーとも繋がることが出来ました。



その後も色々書きましたが記事の整理などで消したりしました。なのでその最初の記事と次の記事の間に空白があるんですね。



楽器試奏の方も何かと見てくださった方も多かったようですがお役には立てたでしょうか。おそらく立てなかったと思います。私自身後で見ても酷い記事だという感想しか出ません。もっと語彙やら何やらがあればよかったものを。


来週の八日に地元山形へ帰ります。
楽器試奏は勿論恐ろしく少なくなります。東京などに遊びに行ったりした際に試奏するくらいか。寂しいね。


こう前々からここでも帰りたいな〜とか言ってましたが、いざ帰るぞってなると不安が降りかかりまして、大変ナーバスです。本当にこの選択でよかったのかなとまた考え込んでしまいます。もう決めたはずなのにね。まだ私は大変若いです。ほぼほぼ成人超えて間もないと言えるくらいの年齢です実は。なのでこれから先もしかするとまた懲りずに東京へ〜っていう可能性もありますし、人生こうなっちゃったんだからこれからどうなるかなんて知る由もありません。アイカツは見れないしその他アニメもその日その時間にリアタイで〜っていうのも無理になっちゃいます。勿論いろんなイベントにも気軽に参戦できるというのもありません。今までもそんな参加もしませんでしたが...。芸カ...芸カいきたかった...。



戻ってからこちらを更新するのも少なくなりますが、これからも末長くよろしくお願いいたします。

無題

B3nが水曜日に発売されるらしいので楽器屋に寄って見てこれたら見てきます。Darkglassからalpha omegaなるポケモンORASみたいな名前(オタク並)のエフェクターが出るそうですよ。ツイッターで実際に試奏してきた人がいたらしく、曰く歪みの感じがなんか違ったけどやっぱりDarkglass感あったよ、とのこと。気になるね〜デザイン個人的に大変好みです。

27日に大沖先生のわくわくろっこもーしょん3巻、最終巻ですね。これが発売されるとのことでした。わくわくろっこもーしょんも終わっちゃうのかぁ、はつめちゃんも終わっちゃったしなんだか寂しいような。ファンとしては次回作や今まだ続いているはるみねーしょんのこれからに大変期待しちゃいます。そちらは水曜日だとどうあがいても買えないので日曜日別件で外出る際にでも。


歪みが欲しいです。
前回試奏したBilly Sheehan driveのDXかDarkglassのB7K、気になります。B3nも気になるんですよ。Darkglassのプリアンプがプリセットに入ってるとのことでしたし。ただ恐れているのは買っても使いこなせるだろうかというところ。昔BOSSのGT6B?だったかを使ってたことがありますが、その時も満足に使いこなせなかったというのもあるので不安です。エフェクター凄い使うわけでもないし、未だにメーカーやモデル、いやそもそも大前提とした知識が抜けているのでやばいかなって。そんなやつが歪み欲しいとはとも言われかねないのですが、まぁ欲しいのです。持っておけばさらに色々できるでしょうってこと。前B3K買ったけどB7Kと弾き比べてみてあぁB7Kのがいいなぁって思ったり。今度は🍊とB7K比べですね。


演奏が変態的なのは凄い変態だけども、それを殺すくらいの強烈な嫌悪感、気持ち悪さを出したらもうダメでしたね。




弾けたら感想書いておきますけどいつも通り恐ろしくやんわりなので期待0でどうぞ。

EBS Billy drive新旧弾き比べ

この間忘れてたので覚えているうちに。


古い方が紫色、新しい方がオレンジ色です。
紫とオレンジで説明していきます。

YoutubeでBilly Sheehan氏が実際に弾いている動画がありますが、紫とオレンジ両方聞きくらべてもBillyのあの音なので違いが全くわからないものです。実際に並べて違いを確かめるようにじっくり弾いてみると音が全然違うことに気づきました。紫はもう本当にBillyの音です。MR.BIGの初期の頃と友人が言っていたのですが的を得てるなぁと。ニコニコ動画Youtubeにある1992年のサンフランシスコでのライブ映像でしょうか、その時のBilly Sheehanのベースソロの音ですね。まんまあの音って感じです。ジャギジャギと冷たく輪郭がはっきりとしたあの音、いいですねぇ。

対して新しいオレンジは紫と比べてみると全体的に丸みを帯びている感じ。Billy Sheehanのあのまんまの音という感じではないです。まんまの音も作れるんですけど、比べてみると汎用性の高さが明らかだと思いますよ。オレンジは紫と比べると温かみが感じられますね。色で暖かいか寒いか分かれてるのかこれは。


オレンジ色はいいですね〜、弾いてて楽しいのはオレンジかも。ただただBillyだけやるぞっていうなら紫、汎用性求めるなら差額4000円ちょっとなので頑張ってオレンジ買った方がいいかもしれない、個人的な感想だけど。



そんな感じ。B7K欲しいけど別でこれも持っておきたいな〜。
B7K売ってくれる人も至急連絡くれや。申し訳ないが、ウルトラは値段的にNG。凄く良いエフェクターなんだけどもね。



ではまた。

Erizias

Jabba Customの調整に行った時にカナダメーカーのベースを試奏させていただきました。
しかしJabba Customはすごいですね、1年と2, 3ヶ月ぶりの調整でしたが不調はなし、状態は良好とのことでした。凄い剛性ですね。まさかここまで強いとは。これからも末長く付合っていきたいものです。可愛いやつめこのこの。


Erizias SingleCut Bolted Model

マートルかと思いきやスポルテッドメイプル。こんな木目もあるんですね。
とても軽いです。3.8キロらしい。5弦でこの軽さはいいですね。

アクティブです。3EQかな、音は幅広く弄れます。
ガツガツした音ではなく、控えめな音です。控えめな子でした。ガツガツした音は合わないのかもしれない。作れるんだろうけど。しっとりとした音楽に大変合うかも。ただ付けられていた弦の肌さわりが好きではなかったのでがっつり弾くことは叶わなかった。アコースティックな曲目に合うんじゃないかな?こういう楽器大好きです。


しかしカナダメーカーはバックパネルをマグネットではめるのが流行ってるんですかね?これもDingwallのベースのように裏蓋をマグネットでくっつけていました。


ものは大変良いです。
あと音云々関係ないけどこのメーカーのロゴは他の随分と可愛い。


どうもこのメーカー4弦は作っていないようで、ジャズベースタイプのモデル名がJiveBass5という名前。見てみると5弦しかなさそう。他のモデル見ても多弦しか見当たらないから多弦ベースを専門に作っているのかな?7弦も作っているようです。セットネック、ボルトオンのみでスルーネックはないようだ。



あと金属パーツ面白いね。自社製なのかな、よく見ませんでした。






お知らせ

来月8日に地元へ帰ります。そのためこちらの試奏カテゴリーでの投稿は随分と減るかと思います。というのも地元は楽器屋があっても置いてある楽器が都会と比べてもう全然なのと実家から遠いというのもあるため試奏するとすればお隣宮城県もしくは東京へ遊びに行った時くらいでしょうか。

楽器機材の購入記事の方が増えそうなもんです。購入次第機材関係というカテゴリーに投稿していきます。


地元はWUG県の隣です。



戻るまでにもう1本2本くらい試奏できたらと思います。