riquの日記

ベースとカメラとお絵描き、雑多

リズと青い鳥を見に仙台へ

初めて仙台まで運転しました。行きだけだが。帰りは友人に任せました。運転すると3時間というのは意外とあっという間で、でも慣れればきっと3時間をしっかり体感してしまうようになるのだろうと感じます。朝6時に起きて7時に出発。到着は途中渋滞に巻き込まれ予定より少し遅れましたが10時30分過ぎ。しかし仙台のTOHOシネマではやっていないということを現地で知り、慌ててmovixへ。3.6キロだったか、途中やはりまた渋滞に巻き込まれ30分かけて到着。到着したのが11時30分と、上映時間12時15分までだいぶギリギリで、しかし上映開始からまぁまぁ時は過ぎていて意外と満員までにはいかなかったが、それでも真ん中の席は取れず、仕方なく我々は一番上の右端の席へ。見づらいんだろうなと思ったら意外と見やすくて、座ってから10分も経てば作品にのめり込んでいた。

詳しい感想は他の方が削がれた語彙をなんとか引き出して書き起こしているだろう、大雑把な感想やレビューを求めている方はそちらを見た方が良いかもしれない。とにかく画や演出、音楽、何から何までが美しく、とくに"リズと青い鳥 第三楽章「愛ゆえの決断」"は話の良さもあって感動で泣いてしまうほど良かった。

見に行ったのは一昨日、5月4日。昨日5月5日は私の誕生日であったが、リズと青い鳥という美しい作品で頭がいっぱいになった私は昨日一日の記憶が欠落してしまったようで、正直明日、本日5月6日の記憶をちゃんと残していられるだろうかと不安でしょうがない。でも大丈夫、今日はTHEビッグオーを見たので恐らく記憶の欠落といったことはないと思う、そう思いたい。

買ったサントラを聴くだけでもう頭の中は希美とみぞれのことでいっぱいになってしまう。久しぶりに心が満たされた。本当に満たされた気持ちになった。この満たされた時間を長く感じられることこそ見れたことへの喜びであり、得られた財産であった。

一昨日よりずっとサントラとエンディグ曲を流している。スピーカー兼ベースアンプであるHartke A25からリズと青い鳥が途切れることは当分なさそうである。美しい作品なのでみんなも見よう。



最近の音楽の話

Gibsonが倒産、ではなく財政難で死んだようでした。死んだというより死にかけと言った方が良いのか。Gibsonにお世話になったことはない、というわけではなく、けいおん!という作品を通してGibsonにはお世話になったことがあるため正直どうでもよいとも言えず、しかしあまり興味がないというのも悲しいことに事実であるため、詳しい記事を読んだりはしていない。というかSNSでは絵師様か楽器やってる人間をフォローしているので、こういう話になれば後者はTLに思いのたけを叩きつけてくるのではないかと思いきや、最近twitterを開いていないせいで流れていたタイミングを見失っただけなのかなんなのか、なんか知らんけど全然流れてこないのだ。楽器をやっている人間が呟くことと言えばだいたいアニメの話などで、どうもさほど関心はないのかあっという間に冷めたのか、悲しいことである。

若者のギター離れではなく、単純な話経営陣に力が無かった結果なんじゃないかとも思うわけで。2018年新モデル見たでしょうか、なんか納得いくラインナップでしたね。どことなく丸いシェイプのVはMayonesで見た気がするし、ベースはぱっと見G&LのL-2000にも見えなくもない。そういえば今回久しぶりにG&Lの名前見ました。


私の近状ですが、相も変わらずスラップ練習しています。






さて、久しぶりに更新しました。
来月はちゃんと宿泊込みで仙台にまた行けたらなと思っております。宿泊込みであれば俺はお酒飲みたいな~。

ナイロン弦ってどうなんだ

Andrew Yorkを聴くとますますギターも嗜みたかったと思うわけで、エレキもいいですがクラシックなやつがやりたいなと最近は思っております。ベースにも使えるんじゃなかろうかとトレモロをしている動画を見ながら思うわけで。そういえば世の中にはコントラバスギターなるものがあるようです。Anthony Jacksonが持っているコントラバスギターとはまた違うコントラバスギター。なんと言えばいいのか、軽音楽で言えばバリトンギターとでも言えばいいのだろうか。調律はたしかB,E,A,D,F#,B。オーケストラなんかで音域広くしたいとかそういうので使われるようになったとかなんとか、歴史はまだ深く調べていないのでこのくらいで。きっと普通のギターよりも数も少ないだろうから高いんだろうなと思って調べてみるとやっぱり高いんだな~と。コントラバスとつく楽器はだいたい高いのか、アリアで買うとたしか10万ちょい。ちなみにアンソニーさんのコントラバスギターは確か300万だか400万だか。ちょっと小さいバスギターっていうのもあるらしいよ。


実は試したことがないナイロン弦。一度ナイロン弦張ったベースは弾いたことありますが、アコースティックなベースだったので弾き心地はそこまで違和感なかったようなあったような。エレキで使うとなんとなく違和感バッチバチに出そうで試そうにも試せないぞ。そもそもナイロン弦を使うとジャンル狭まりそうだ...そこまで幅広いジャンルを、そもそも最近ガッツリ弾いているわけではないからどうしたって話なんですけどね。テンション的に切れやすいとかなんとか聞くとどうも踏み出しづらいというか。ちなみにナイロン弦張ったベースというのは7弦フレットレスエレキアコースティックベースです。多分セミアコベースとでも言えばいいのか、もうわかんねぇな。実は密に狙っていましたが多分売却済みになっていました。こんなもの買って、買ったやつはいったい何に使うんだ...と思いながらガッカリしたものです。



ちなみにReflectionsとWaiting for dawnが好きです。なんかしっとり雨の日に聴きたい曲です。

気づけば3月か

地元に戻って1年経ってました。母の重病など重い1年だったなぁとぼんやり考えてます。
ベースの方はプレイスキルが上がったわけではないのですが、画力は著しく上がったかなと思ってます。色塗りはまだまだですね、経験値積まなきゃなりません。死ぬほど先ですが余裕あれば冬にゆるキャン本出したいとか考えてましたが本当に出せるかは知りません。出すにしても漫画ではないです多分。

Adamovic Super Novaが私、気になります。

そういえばコードギアス見てました。2006年頃はまだ小学生でした。当時使っていた録画機器はVHSで、あと習っていた空手の稽古時間と放送時間が重なっていたことがあって見れませんでした。で最近見たのはあの頃に見れなったものを今見るということですね、青春時代に得られなかったものを今得るみたいなものです。聞いていたよりもずっと良い作品で、最終回で泣いてしまいました。戦術やら戦略やら兵站やらそういうのを調べたりするのが好き(語れるほど知識蓄えているわけではないですが)なので1期の成田連山攻略あたりとか最高に楽しかったですね。ほへぇ~ってね。天子様超萌...射爆不可避......


いきなり脱線しました。
今までシングルカットにしか目を向けていませんでしたが、今になってダブルカッタウェイのSuper Novaに目をつけました。今デジマートに出てる大阪に置いてあるホーリーウッドのやつ、最高に気になりますね。見た目の美しさもそうなんですが神秘性にも惹かれているわけです。音源調べても不思議とあんまりないんですよ。ベーシスト紹介してるYoutubeのチャンネル?あるじゃないですか。あれにあるのもだいたいHaloなんですよね。シングルカットばっかりです。シングルカット大好きだけどね。

Super Novaは見た目あれに似てますね。RitterのRoyaでしたっけ、あとトンプソンとか。




それだけ。なんとか話題ひねり出してます。
そういえば最近めっちゃ暖かいですね。といってもまだ10度前後ですが。それでもつい1週間前とか違うので驚いてます。こんなにすぐ暖かくなるもんだっけ?まぁいいや。

近状

今年は例年よりも雪が多いみたいです。実は初めて雪道を運転するのですがやはり死にかけました。事故は起こしていませんけど、スリップしかけまして。雪国育ちで親の運転を見て育ったわけですが自分が運転するのとはわけが違うわけで、俺は生きていけないなと思った次第です。


ようやくベースをちゃんと練習するようになりました。
自分は張り替えるついでに調整したい人なのでもう4年5年は自分で張り替えてません。地元に楽器屋はあるのか、ありません。あるっちゃあるんですが私としては大久保のあそこに行きたいです。そういえばNYXL、おしゃれなパッケージの弦入荷してましたね。Low-Bが125T, 130T, 135Tと3種類あるみたいで、レビューはまだ調べてませんが機会あれば試したいところ。でも高いって書いてあったな...。

調べたらなんだ、ケンスミ弦とそんな変わらないじゃないの。うーん、気が向いたらでええな...。そういえばエリクサー自体は触ったことあるんだけど自分で張って使ったってことはないので気になってるんですよね。Jabba Customの前ユーザーさんからエリクサーお勧めしますよって言われたのをずっと覚えている。試そうかなって思いながら値段とか色々考えてケンスミにしちゃう。ケンスミ良いもんな。俺はケンスミが好き。でも寿命短い気がするんだ。そんなことないか、どうだろ。



ケンスミと言えばケンスミのベースってネックいいですよね。あと見た目の高級感も良い。けど欲しいかと聞かれれば別にいいかな...ってなる。コントラバス作ってるんだっけ、コントラバス奏者だっけ、曖昧ですがそういう共通点で言えばオランダのKnoorenなんか気になりますって前も言ったような気がする。Knoorenはフレテッドしか弾いたことないんですが、渋谷だったかにある楽器屋にずーっと置いてある5弦フレットレス。あれ気になってます。あれは間近で見たことあるけども弾いたことはないのだ。というかあそこはなんか弾きづらい、気持ち的に。なんだろうね。ハイエンド!!っていう空気に満ち溢れているからなのか...?それ言ったら新宿大久保のあそこだってハイエンドっていう空気凄いでしょ~って。確かに...なんなんだろうね。


ちなみにKnoorenはもしかするとそれぞれで感じも変わってくるんだろうけどネックは可もなく不可もなく、普通でした。平べったいやつ欲しいけどな、慣れればこういうところって気にはならないけど。どうせならJabba Customと似た感じのネックがいいものです。




Adamovic欲は収まらないです。実はこっそり月1でデジマート開いては ▼ベース adamovic 検索ということをしているわけですが、品揃えは変わらず好きなのばかりですね。最近Jabbaのことも考えると5弦で良くない?33inc買ってHi-Cにしない?って考えちゃう。でもそれはそれで面倒。どうせなんだかんだ言いながら竿なんか4本5本は持つこと確定してるようなもんだし考えるのも無駄無駄。お迎えしたいなぁ。






ゆるキャン△見てます。最高のアニメです。毎週木曜日は人権の配給日になってます。人権は配給制になりました。ゆるキャン△に救われるのだ。しまりんしか描いてない。そろそろ適当な落書きでも掲載するっていうのをしないとダメだな...。






今年東京にまた戻れたらいいな~とか考えながら今日はバッカス食べてゲームします。

おめでとうございました

今年もよろしくお願いします。早めに投稿しないとなんかズルズル伸ばしそうでちょっと。


変わらず絵描いたり病院と自宅を行き来したりしています。新年迎えたな~という感じは何一つ感じられませんでしたね。まだ年末感が抜けません。

そういえば5年6年前くらいは6日7日頃まで昼前後も何かと特番が組まれておりましたが今はそんなこともなく、4日にはもうニュースばかりでした。私は駅伝見ても気持ちが盛り上がったりなんだったりというのは何一つないんですけど、私以外の家族は駅伝が楽しいようで毎年見てるんですね。私一人昼食中なんか暇で暇で苦痛でしかありませんでした。そんな新年の雰囲気も久しぶりに感じられた2018年元旦でありました。


FGO福袋ガチャは凶ということでエルキドゥでした。キャラクターは好きなんですけどまさか数あるクラスの中からよりによってランサー、そして限定でもなんでもないキャラクターが出ればそりゃテンション下がりますわ。アサシンでジャック狙えばよかったですねこんな気持ちになるなら。



ゆるキャン△も始まりました。めっちゃ原作でした...BD購入は無理しない程度にですが確定しております。今買わないとなんだっけ、特典とかついてこないからね。ただ順調に購入していって店舗特典もらえるに至れるかどうかっていうのは不明です。今家にある見ないアニメのBDはなんとか売却したいところですね...シンデレラガールズとか買ったものの途中で断念し、しかも全然見ていないという...。さて、一応アニプレックスだかの特典はいくつか未開封のまま大切に保管しているが何円になるのやら。これからは確実に何回も見るだろうアニメと1回で十分であると感じたアニメとで自分の中で仕分けして購入するということをしなければならない。くくり付けで買うとダメなようです。あ、年重ねれば特典なんてもの忘れてしまうもので、そんなに急がなくてもいいのかな...。花咲くいろはガルパンの店舗特典とかよく知りませんしそういえば。そんなもんです。映像特典ついてるだけいいじゃないですかと考えてみようよ。



ベース話

ここ数カ月?1年?ベースの話というのは一切しませんでしたというか話題がありませんでした。
cougarのキーボードは個人的に文字が打ちづらいということもあってなかなか長文書く気にもなれず、まいったまいった。依然Adamovic欲しい気持ちに変わりないです。数カ月に1回くらいのペースでデジマート閲覧しています。意外にも中古でいくつか出ているようですね。自分からしたら信じられないことですが。

新品60万が1ヵ月後くらいに別の店舗に中古で出た時の顔を述べよ。





私もJabba Custom買う前は半年に1回売買してました。プラマイ考えると結構大損です。そのプラマイでJabba Custom以上のものは確実に買えたし国内旅行は余裕だったんじゃないかなと思います。Jabba Customに至れたのはかなり大きく、楽器を買う意味みたいなものが消えるというですね。




今年は東京出れるかな、わかりません。出れたらまた試奏話とかちょこちょこしたいですね。