riquの日記

ベースとカメラとお絵描き、雑多

AdamovicのSaturn

ぽえ~ん

Saturn弾いてきた翌日に何げなくデジマート開いてAdamovicで検索かけたら知らないAdamovicのベースが沢山入荷しており、しかも中古とあるではありませんか。
しかし何故こうもお金が貯まっていない時に限ってこう良いベースが入荷しては消えていくんでしょうか。あまりにも世界は残酷が過ぎる。


仕事や普段でも使う用の革靴を探しにわざわざ原宿渋谷と普段絶対に行かない場所へ行ってきました。いや渋谷は別の用事で行くことは多々あるんだけども。それでもベースコレクション行くとか、あとは最近はESP渋谷店行くとかちょくちょく行先は増えていっています。


前々から触りたかったSaturnの6弦触れてきたのでそれについてお話をば。



Adamovic Saturn 6st

トップ材は燃えるような赤いバール。スタビライズドウッドっていう特殊な加工がなされたものらしいです。着色させた樹脂を木材に浸透させるということらしいですが、Adamovicはどんどん新しいものを出していって冷めさせてくれないようだ。

代理店様紹介には『ジャズからメタルまでわりと何でもできるよ』とありましたが(本当はもっとしっかり書かれていますがそのまま引用するのもあれなのでざっくり書かせていただいた)、このお店に置いてある別の6弦Haloとは全然違う音色です。ここまで違い出るもんなんだなぁと感心しておりました。うまく差を作っているということが改めて理解できたかな。



フィンガーランプはピックアップカバーと一体型で、遠目で見るとボディから大きく四角いものが浮き出たようなデザインですがよく見るとRがついていて、これがフィンガーピッキングをしやすくしてるんですね。レイキングとかかなりし易くてビビりました。アクティブの音は相変わらず、パッシブの音をそのままナチュラルに押し出している感じでしょうか。でもHaloと比べると結構ギンギラギン?パワーはあるのかなって思うけど、得意不得意というのは多分全くなく、どんなジャンルにも扱える音が出せますね。スラップもフィンガーピッキングも良い感じです。あと音の分離感も良いですね。これもピアノみたいな低音高音出してくれます。


Adamovicのベースにしては重い部類には入ります。ただ6弦ベースの中では全然普通で、ちょいと軽いくらいでは?とも感じる。絶妙な重さです。
あと実はAdamovicのダブルカッタウェイのベースは初めて触れるのですが、良いですね。見た目もいろんなメーカーのダブルカットよりもスタイルが良く、美しくカッコ良いです。オーラがあります。このスタビライズドウッドの燃えるような美しい赤がさらに佇まいを綺麗に出しているというかなんというか。


欲しいな~これも欲しいな~。






ESP LISA BTL 廉価版(58000円くらいのモデル)

どこで作られているのか分からないけれど、トップはちゃんと薄かろうがなんだろうがフレイムメイプルが貼られています。
金属パーツやピックアップはGrassrootsのもの。パーツはやっぱりどうしても安い感じ出ちゃってあれなんだけど、パーツ交換してやれば結構しっかりしたベースになるんじゃないかなって思う。

本家ESPにはあるアクティブ回路はこのモデルにはついておらず、パッシブ。ただなんかバックパネル開けてそこに本家についてるシナモン入れてダミーになっているコントロールノブまで使えるようには出来るとのことで、しかし電池ボックスは別で増設しないとダメかもとかなんとか。結構前向きに改造して自分だけの今井リサBTL作るのもアリアリ。

ちなみに周りにバカしかいないからか出た案はフロントにDimazio Willpower DP145、リアにDimazio Willpower DP146をつけようというもの。俺は面倒だから本家と一緒でいいよとも思うんだけど、よくよく考えてみるとなかなか愉快なスペックである。電池ボックス分開ける必要もないんだけど、フロントには所謂GibsonのEB系ベースについてたものと同じくらいのサイズ?のものつけるようなものだから、多分フロント穴広げは必須なのかもしれない。さらにリアにP入れるとなると空いてしまう穴どうするんやって話にもなる。ピックアップカバーでPと悟られないものを作って入れるってのも一つの手立てではあるけれども、調べてもそんな前例らしい前例はなく、売ってもいない。


今中古で39800円かぁ。パーツ類変えてピッコロベースにするっていうのもあるし、わりと選択肢の広いベースともいえる。
金属パーツちょこちょこ変えていくことも視野に入れて、初めてのベースにこれを選択するというのはかなり良い選択とも言える。けいおん!ブームの時もそうだったけど、今回は明確なシグネチャーモデルがあるので結構分かりやすく選べると思うし、値段のわりには割と使えます。本家と弾き心地に差は感じられなかったし、おすすめです。








Jabba Customの電池ボックス交換をESPで頼もうかなって思ってました。どうせ2万いくでしょとか考えてたら最低9900円という見積もりが出ておったまげ。そんな安くていいのかって思ったけどお願いしようかなと。で、増税(来月から施行されるゴミクズみたいな吐き気を催す邪悪)のせいで少なからず楽器界隈では駆け込み調整が起こっているようで、納期通常1週間程度が2週間から3週間まで伸びるとかなんとか。ひえ~。
その間サブベース持ってない俺は何をしたらいいんだろうと今結構真面目に頭悩ませてます。そこでLISA BTLか?うーむ、悩むねぇ。ちょうど39000円で出ていますが、まぁ買えなくもないし買っちゃってもいいけどさぁ...しかも場所錦糸町って全然行けないこともない範囲じゃん...

でもぼかぁね、スーツとかSwitchとか買わなきゃならないし、いや~でも、う~~~ん。Switchなんかよりもベースだしスーツじゃないかな~~~????
Switchはまぁ年末くらいまで我慢出来るでしょ、俺大人だもん。


以上!
皆さん台風、とくに片頭痛とかには気を付けてお過ごしください。

ここ最近試奏したやつ

Twitter見てくれている方は十二分に生存しているなっていうのは分かっていると思うことだが、ちゃんと仕事で疲れた身体を休ませつつ楽器屋に行ったり情報見たりしています。でもそんなに試奏はしていないねぇ。


最近デジマート見るとあんまり面白げのある楽器が入ってなくてまいっちゃうな。Knoorenとかよく分からんオランダだかポルトガルだかのハイエンドベースがあった頃は楽しかったけど。つまりおよそ4年前くらい。でもその時はその時で、高校の時に見てたデジマートの方が楽しい楽器置いてあったとか言ってた気がするから、多分あと1、2年もするとまたその繰り返しなのかもしれない。気が滅入っちゃうな。でもアダモちゃんの中古とか出たら小躍りするかも。


コッポロの5弦

コッポロ。ようやく試奏することができた。
地味な見た目だが恐ろしい値段。でも凄く人気。なんでだろう?ずっと疑問に思ってたけど触らせてもらってなるほどと凄く納得できた。

普通の音です。本当に普通。ある意味唯一無二の普通っていう感じ。良くも悪くも普通の音。
なんていうかFenderの限りなく普通の音に限りなく普通の音をそのままで前に出す感じのアクティブ回路積んだかゆいところに手が届く汎用性の高い限りなく普通の音が出る弾きやすいベースっていう感じです。何年か前にはじめて触らせてもらったFoderaに近い感想だけど、明確に違うのはその地味なたたずまい。

でもなんだろうね、安心するんですよね。
物凄く華やかでなければ派手な印象もない、地味なんだけど気立てがよくほどほどに美人で、こんな人が家にいたら寄り道なんかしないで真っ先に帰りたい感じか。例えばこれの他にいくつかベース持ってて、それらを手放していくと最後に残るのがこのベースかもしれない。例えば初めてのバンド練習、曲も何するか分からないからとりあえずこれ持っていくかっていうことで持っていくのがこのベース。これ以上のベースもこれ以下のベースもいらない感じ。

弦間はたしか18か19だったと思う。右手も左手も楽で、スラップも指弾きも全部弾きやすかったし音も良かった。何にでも合うよこれは。


ただネックがこの65万という値段ね。
まわりまわって行きつく先がこの子!っていう感じで、自分みたいなお子様はまだまだこのベースの本当の、奥底にある良さをくみ取ってやることが出来ないのかもしれない。名だたるハイエンドベースの中でもとくにこのベースは、一先ず俺が持つということで言えばいろんな意味でまだまだ早いぞって言われてるみたいだった。でもいいなぁ、いつかは欲しいなぁ。MayonesのJabbaシリーズにコッポロに似た雰囲気のベースというか、コッポロのピックアップ積んだやつあるからそれでいいじゃん値段もお手頃やぞとは思っていけない。





BenaventeのHi-C 5弦

Benaventeはアメリカの工房ですね。シングルカットのベースに印象がありますが、ダブルカットのベースも作っています。最近見ないよね。ここのメーカーは結構6弦のベースや33インチのHi-C 5弦を作って世に出しているイメージが強くて好き。あと以外と変な色のベースとか作ってます。ドラゴンフライのイルクォーレだっけ?みたいに確かこれより上のクラスみたいなのがあったような。

思いのほか軽く、弾きやすいです。音もピアノみたいにとまではいかないにしろ、ハイも綺麗に出ていてコード弾きにもってこいだなぁと思いました。
でも自分が求めてるところはちょっと系統が違うかな?



全然思い出せないんだけど確か委託品のベースだったかな、5弦のベース

これベナベンテ弾いた時に一緒に触らせてもらったもの。
残念ながらそれなりに前の話なので、これが何なのか分からないんですよ。すいません。
価格帯が確か中古で20万から30万だったか、なんか打ち込みながら思い出せそうなんですけど全然思い出せない。なんだっけな...

ベナベンテよりも求めてる音は出ていて、でも弾き心地がベナベンテのが合ってた?とかなんかそこまでは覚えてる気がする。

あれはなんだったんだろう...





友人が買ったスペクターユーロ5弦(2002年頃のもの)

前試奏したやつ、勧めて買わせました。
改めて持たせてもらうとやっぱり音がでかい。パワーありすぎて音量調整が難しすぎる。
あとなんか軽く感じたのは筋トレのおかげか?それとも気のせいか、わからん。

作れる音の幅は広いので本当に良い楽器だと思います。ただスペクターの35インチが個人的にとても長く感じたので、これ触らせてもらって改めて33から34インチが自分の身体に合った長さなんだろうなっていうことを考えさせられた。






以上。
仕事はまぁまぁ順調ですが貯金の方は順調とは程遠く、姉の結婚式なども秋に控えており、仕事を休まざるを得ず、さらにはスーツや靴などもビジネスと式両用でそれなりのもの買っておかないとなぁとも考えるし...なかなか、AdamovicのZenには届きませんねぇ...。

Adamovic Halo 6stとその他試奏小話

国か資産家よ、90万円俺の口座に振り込んでくれ




紲星あかりちゃんのEXボイスなんであんなにキマってるんだろ。三大えっちボイスロイドって誰だよ。もっといませんかね。


今日の目当てはYAMAHA TRB-JP2の試奏だったはずがAdamovicでした。前渋谷の楽器屋にあったと思ったんだけど今置いてないんだね。


では試奏したやつまとめます。



Status Graphite Streamline 4st

変な形のStatusのベース。英国ってなんで変な形のもの作るんや。

座って弾くにはクッソ弾きにくく、電池2個も使う点も厳しい楽器です。ただ死ぬほど軽いのと音が良いです。変な形から出る良い音、誇らしい。


とくに言うことないです。大きくはないけど長くないわけではないからコンパクトかと聞かれると微妙ですね。




Ibanez AZ242

前も弾きましたがやっぱりこのギターはとくに良いです。つってもギターのことよく知らんけど。それでも今まで弾いたギターの中では弾きやすく、音も良く、汎用性高いです。最初の一本として持つには贅沢かつ一生ものなんじゃないかなって思います。とくに買ったら売る必要はないんじゃないかなって思います。

最初は海とか夕焼けみたいなのを連想させる明るい色でしたが、気づくと渋いサンバーストや黒いギター増えてました。今日触れたのはサンバーストのやつ。明るい色とそんな変わらないです。


ネックはサーモウッドらしいです。サーモウッドって知ってますかね。Sagoとかがやってましたよね、自分も昔サーモウッドが使われてるベース持ってました。音が固くなるイメージ持ってます。これもフレットがステンレスだったと思うんですけど、はっきりとした音しますよね。


10種類も音作れるって凄くない?ちなみに14万です。これで14万安いと思うよ。14万でサーッ(米国産)買うくらいの気持ちでいいんじゃないですかね、サーッ知らんけどさ。

そういやScott LePageとかそろそろ出ますね。



Mayones Patriot Custom 7st

目に入ったから弾きました。7弦は今自分がどこ弾いてるのか分からなくなります。4弦と6弦はどこ弾いてるかわかるのに5弦は慣れないと弾きづらさを感じるというのがあります。自分はそうでした。その程度を酷くした感じです。

死ぬほど重く、手は痛くなります。これについても特に言うことないんだけど、なんでしょうね。Hi-Fはやっぱり自分には必要ないなって思ったんだけど、でもやっぱりこれで奏でるコードは素晴らしいですよ。





Adamovic Halo 6st NAMM2019

素晴らしい楽器です。
音の分離感が凄く綺麗なのでコードが捗ります。低音から高音までピアノみたいな音が出るんですよこれ。6弦ベースというよりかはコントラバスギターっていう呼び方の方が正しいと思う。これ触ってるとなんでしょうね、今まで触ってきた6弦の楽器が霞むんですよね。レベルが段違い。名だたるベースメーカーは挙げたらきりがないですが、これはその中でも頭ひとつ抜けて素晴らしい楽器だと思います。これ触れて改めてAdamovicが何故ここまで愛され、使われているのかが分かった気がします。

材はジリコテと白いエボニー。白いけどエボニーらしいです。ただただ白い木材というだけでなく、味わい深い木目です。全体的に上品な仕上がりですねこの楽器は。

パッシブアクティブの切り替えはボリュームノブをカチカチ引っ張ったりすると出来ます。アクティブはパッシブの音をそのまま前に押し出す感じなのでかなり自然です。変に音を変えたりしない、理想的なアクティブの音です。



ああ~~~2000万自助なんかこういう楽器と廻り合うたび無理でしょ~~!!!!!ってなるんですよね。89万円道に落ちてないかななどと考えながら帰ってきました。まだあの弾き心地と音が忘れられません。自分は金銭的な理由から購入は難しいのですが、購入出来る方は何卒買わないでおいていただければと思います。私買いたいですもんあれ。

でもなんにせよオーダーする時のスペックは今日一日でだいぶ固まったなって思います。今年中のオーダーが難しくても来年再来年には必ずオーダー出したいですね。ジリコテトップ、白エボニー、今回だけなんだと思うと今すぐにでもお金作りたい気持ち出てきますが無理な話なんだよな~~。ボーナスのない弊社のバカ!!!!なんでないんだろうね。




以上です。
自助2000万は舐めてますね。殺意すげぇ^~
手取りかせめてボーナスの厳命をですね本当に。

最近弾いたベースまとめ

前の投稿3月半ばから今日にいたるまで、まぁまぁ色々と試奏した気がしますのでそろそろまとめようかなと思いながらも結構忘れていってます。もともとメモするべくして始めたこの日記、試奏したその日のうちにレビューを書くんだった。ところでかなり暑くなってきましたね。そろそろ生ごみなんかも簡単に臭いを発するようになりまして、鶏肉の皮を適当に捨てた翌日に仕事でクタクタの俺を出迎えたのは酷い臭気でした。服もそうだけど面倒なんですよね夏って。楽しいっちゃ楽しいんだけど、愉快でないことの方が多いから早く終わらないかな~という感情です。


Atlansia stealth bass 4st

長野で製造しているとかなんとか、有名な楽器店です。
海外だとFoderaの横にどんと置かれているなんて話をどこかで目にしたことがあります。日本だとSugiなんかの隣に置かれていました。
遠目で観てすぐわかる特徴的なシルエット。ヴィクトリアやガーランドよりかは恐らく大人しい見た目だとは思うのですが、それでもやはりアトランシアの楽器だってなるんですよね。このお店は珍しくギターも置いてます。ギタリストさんでアトランシアちょっと気になってるのよねって方は是非是非お試しください。気に入ったら買うかオーダーするかしてください。林氏、結構年取られております。最近ペデュラも引退宣言しましたし、ベーシストも急げ急げ。俺も出来ることならオーダーしたい。

ステルスベースは3本4本くらいあって、何が違うのかよく分からなかったからとりあえずコントロールが少ないやつ試奏させてくださいと言うと一番高いやつを手渡されました。

構成はボリュームとトーンかな、直感で操作できます。
ネックは噂通りの丸太ネック。前も触れたことあるけど、前よりベースを弾くことが上達したからかこの個体が4弦だからか、何なのか知らんがまぁ~弾きやすく感じた。そんなに疲れないし、どっしりとしていて握った感じは安心感がある。薄いやつばかり使ったりしているから改めてこういう太いネックを握るということは新鮮な気持ち。いいねこういうの。

この個体、重そうな見た目に反してかなり軽く感じる。持った感じはネックよりもボディの方が軽い気がする。ボディは確かアルダーで、触り心地はサラサラ。肝心の音はかなりアコースティックな鳴りだと感じましたがどうでしょうね。コード奏でるとめっちゃ鳴ってくれるんですよ。ハイもローも綺麗に鳴るから、これは予想以上に気に入ったかな。


そういえばアトランシアは有限会社らしいです。どうでもいいけど今って有限会社作れないんですよね。確か2005,6年の今頃施行された会社関連の法律かなんかで有限会社の新設が出来なくなったんだっけ。5,6年の話だからだいぶ古いんだけど、今も有限会社の名前って田舎なんかに行くとそれなりに目にしたり耳にしたりすることがあって、なかなか有限会社が新設出来なくなってるなんて分からんよね~。


脱線しました。アトランシアと言えば阿部寛さんのホームページとドッコイドッコイレベルの懐かしい雰囲気持ってますが、久しぶりに見に行くと見づらいなって思いますね。味わいあって好きですけども。高校生の頃はこの特異な見た目に惹かれていたもんで、いつかは欲しいななんて考えてましたが夢叶うのはいつになるんだろうか。
Twitterでオックスフォードベース持ってる方いましたが、今も所持してるんだろうか。自分はヴィクトリアかギャラクシー、フォーチュンベースなんかがいいなって思ってます。なにげにアップライト作ってるんですよねここ。


理由は定かじゃないけどフォーチュンベースって確かラインナップの中では結構高い気がする。ほぼアコベ。どんな感じなんだろうね。持ってる人いたら話聞いてみたいし、あわよくば弾かせていただきたいものだけど。そういえば比較的近年にジパングベースなるものが発表されてました。誰か購入した人いるのかな。ポラリスと言い、結構情報少ないベースは多い。出来てから何年経ってると思ってるんだ。





Adamovic Jupiter 5st

久しぶりに試奏させていただきましたAdamovicは中古のJupiter5弦です。
特に言うことなく相変わらず素晴らしい楽器を作るメーカーなんですけど、このJupiterはパッシブだとアコースティックに鳴って、アクティブだとオールマイティなベースになるっていう感じ。自分が持ってるJabba Customとどことなく似ているような気がしなくもない、そんな印象でした。重さはかなり軽かったです。

パッシブの時のコードはめっちゃ綺麗。というかAdamovicと言いLoritaと言い、以前はWood and Tronicsもそうだけど、某代理店さんが扱う楽器というのはとにかく好みを刺してくる。グサグサザクザク刺してくるもんだから血だるまですよ。アクティブに切り替えた時のスラップなんかはアコースティックに上品に歌っていた時とは打って変わって力強いです。この変わり方がいいですね本当に。

33インチなんですけど各弦鳴りは素敵です。33インチって弾きやすいですね。オーダーする時の参考になるますわ。買うなら33~34ってね。


Adamovicの楽器はもう結構お店で触らせていただいているんですけど、弾くたび欲しいっていう気持ちが強まるんですよね。これ弾いてる時も頭にいたのはAdamovicのいろんな楽器と何故かLorita。やっぱりこの2つのメーカーで悩むんだな~ぼくは。どっちも似ているようで全然違うし、目指す方向性も似てるわけでもなく、言語化出来ない壁というか違いがあります。それが何なのか分からないけど、その何かが悩ませるんでしょうね。奥深いですよ本当に。



Specter EURO 5st 2000年代前半頃のモデル

メイプルしか使ってないので実質やけに安いUSAだと踏んでおります。
一言で言うと価格帯がバグっているとか破壊しているとか、そういう感じのベースでした。

現行のスペクターって実はあんまり弾いたことがなくて、最後に弾いたのもこの個体試奏させてもらった日から何年前のことになるやら。多分5、6年は経ってると思います。

弦を弾くとありえん爆音が出ますが、パワーが凄まじいです。アクティブベースを世に広めたきっかけとかなんとか、そんな言われ方しているらしいと聞いたスペクターですが、なんかここまで続いてる理由も触ってみると分かる気がします。こんなこと言いと初期に作られたやつかUSA弾いてから言えって言われそうですけど中指立てて返します。

音も作りやすいです。汎用性ばっちし。

ネックは薄いわけではなく、わりと丸くがっしりとした形をしています。


コンパクトなベースだからかかなり重く感じます。
それでも上の方で話したアトランシアのベースと同じ重さであるらしいんだけど、いやこいつ絶対5キロ後半か6キロ手前行くか行かないかだろ。明らかにうちのJabbaより重いんだけど。

肩に自信ある方はいいんじゃないでしょうか。





YAMAHA SLB-200

そういえばSLB-100は触ったことあるけどSLB-200はないなと思ったので試奏させていただくことに。
SLB-100と変わった印象はないんですけど、ボディの形とかですよね。やっぱ弓で弾く時は100の方が安定します。見た目もいいもんね100の方が。

うーん、買うならもう4万5万だして100買おうかな~ってなるよね。







そんな感じ。
他にもいろいろ試奏させていただいた気がするんだけど、これらしか覚えてないってことはそういうことなんでしょうね。
明日以降は何か試奏することあるかな、出来れば渋谷のイケベにあるAdamovicとか試奏させてもらいたいなっては思うんだけどもね。

8月頃宇治市行きます。今回は遊びと移住検討兼ねてですかね。
大阪から電車で宇治に移動という流れになると思うんですが、ついでに折角なので三木楽器さんとか寄りたいななどと考えてますけど、大阪。行ったことが正直ないと言っても過言ではないのでちょっとだけ身構えますね。東北県民からすると異国ですよ完全に。大丈夫かな~。

最近弾いたもの

すいません何弾いたか何一つ覚えていません。
何弾いたっけ、ロスコーのSKBくらいしか覚えてません。なのでロスコーのインプレ書きます。


Roscoe SKB 6st

SKBシェイプ。ボディちっちゃいやつ。
弾きやすいと弾きにくいを両方体現した謎のベース。ボディ小さいせいかスケールがちょっと長く感じるのと、なんか手首が異様に痛くなる。これ座って弾くのに適してない気がする。

ネックはなんか普通に薄くていい塩梅です。
運指はしやすいんだけど、やっぱり立って弾くのに適してる。座って弾くとまぁ~~~手首にくる。

音はバルトリーニの音でした。




すいません、もう覚えてないです。
なんか色々弾いたのは覚えてるけど、もう何も覚えてないです。ビックリするくらい記憶にない。何弾いてたっけ。


どうにか思い出そうとデジマート見ながらこれを打ち込んでますけど、何も思い出せない。



バーブ見てます。海外から取り寄せようかな~などと考えてたり。
アコースのアンプとか結構安いっすね、買おっかな~